特定非営利活動法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ(以下、きらきらくらぶ)は、地域の子どもたちとそのご家族の子育てを支える「子育てサポートセンター」です。

特定非営利活動法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ 理事長挨拶

特定非営利活動法人子育てサポートセンターきらきらくらぶは、地域のお母さん方のニーズに合わせ、今、子どもたちに何が必要なのかを考え、運営しています。

こんなことあったらいいな、こんなことで困ってる・・・など

子育てのことを「気軽に話せる」場として、これからも活動を続けていきたいと考えています。ご支援よろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ 理事長 林 惠子

きらきらくらぶの歩み

1992年、親子教室を運営する任意団体として「きらきらくらぶ」は産声を上げました。

2002年、経営の透明性と主体の公益性を保障する手段としてNPO法人を設立し、「保育」と「支援」の二本柱で、日々親子と向き合っています。

保育事業としては、1993年より曜日を決めた預かり保育「きらきらきっず」を運営し、その後いつでも預かることが出来る託児「きらりんるーむ」を開設しました。
そして、2015年には敦賀市認可の地域型小規模保育園として「きらきらほいくえん」を開園、2018年には2園目となる「げんきっこほいくえん」を開園し、0歳児~2歳児までの保育を行うことができる環境を整えました。

支援事業としては、2004年より地域の子育て支援拠点として「おやこきらりんひろば」を開設。いつでも遊びに来ることができる『第2の実家』のような場を目指し、運営しています。

保護者の皆さんの「あったらいいな」という声に応え、子どもたちが自ら体験できる環境を目指し、「預かる」「保育する」というだけではない、保護者の皆さん、地域の皆さんと交流を深めながら、その温かなつながりの中で子どもたちの人格形成に重点を置いた支援する体制づくりを目標に歩んでいます。

きらきらくらぶの理念

意欲と思いやりを育てよう

きらきらくらぶのミッション

すべての子どもたちが自分に自信を持ち、心豊かに過ごせる社会

きらきらくらぶのビジョン

  • 保護者が安心して子どもを任せられるところ
  • 子どもたちが最大限の力を発揮できるところ
  • 子どもたちが生きていく力の基礎を身につけていくところ

きらきらくらぶのクレド

  • 子どもの『素敵なところ』を見つけます
  • 肯定的に親子を受けとめます
  • 少し背伸びすればできることは子どもたちに任せます
  • 新しいこと、難しいことに挑戦したい気持ちを育みます
  • 転ばぬ先の杖を出さず、先回りせずに見守ります

※クレドとは『信条』『志』『約束』を意味するラテン語で、価値観や行動規範を簡潔に示したものです

特定非営利活動法人として

わたしたちがより良い支援を常に目指せば目指すほど社会的な貢献度を認めていただくこととなり、活動の場を広げていく必要性を感じるようになりました。

また、保護者のかたにこれ以上負担をかけることなく、子どもたちにより素晴らしい経験の場を提供するにはどうすればよいか?そう考えたとき、わたしたちは経営・運営の透明性、主体の公益性を保障する手段として、特定非営利活動法人(NPO法人)を設立し、今後の保育および地域に貢献できる子育て支援事業を充実させていくことになりました。

定款に示された目的

この法人は、地域の未就園児とその保護者を対象に、子ども達の心と体の豊かな発達を図る保育の場を運営するとともに、子育てに関する相談事業などを行い、地域における子ども達の健全な発達に寄与することを目的とする。(定款より引用)

お気軽にお問い合わせください。0770-22-6447受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら